次第に機能性よりも重視されたモノの記号性

戦後著しく成長した車社会。同時に車買取も進化を遂げていく

1990年10月3日に、東西ドイツの統合が実現して欧州に超大国が一つ出現した。この統合で一躍脚光を浴びたのは、旧東ドイツの国民車のトラバント2サイクル600㏄、愛称「トラビー」である。33年間モデルチェンジされずに生産が続けられた車で、現代の日進月歩する技術レヴェルからいえば、まさに化石的存在である。

因みにその33年前といえば昭和32年、日本は国連加盟も果し「もはや戦後ではない」との合言葉の上に、「バタバタ」の愛称で経済復興の先頭に立って走り回った三輪貨物車全盛の時代であった。乗用車はまだ一般家庭には高嶺の花であり、日本の国民車的存在ともいえるスバル360が発売されるのは翌33年である。このトラバントを10台、東西ドイツ統一に先立って平成2年(1990年)6月に堺市の業者が輸入した。現地での価格は邦貨喚算で約20万円、日本では=20万円で買い手がついた。買った人は実用に供する気は毛頭なく、かつて愛用したのでその懐かしさでという人、店のディスプレイに使う人、ガレージに置いて可愛がる人……等々だそうである。

このような車の使い方は、デザインの世界でいうと、車の物理機能を使うのではなく情報機能を使うという。ちょうど子供たちが、さまざまな色や形の消しゴムを買い集めて見せ合ったり、机の中にしまっておくのと同じである。この場合、子供たちにとって、文字を消すという消しゴムの物理機能はほとんど必要ではない。形や色の面白さ、キャラクターの可愛らしさといった情報機能が重要な意味を持つのである。「記号論」で有名なボードリヤールは、今後、自由主義経済社会は成熟消費社会へと進み、そこでは消費者は情報価値すなわちモノの記号性を消費すると言っている。
自動車税納税証明書は車 売る時に必要な書類です。税金を納めていなければそもそも売ることはできません。4月1日現在の所有者に対して課税される地方税であることも忘れずに置きましょう。
最近は、中古車査定もスマホからできます。女性でも簡単に操作でき、車種や年式など必要項目を入力するだけで、気軽に買い取り価格がわかります。何社か比較できるので楽ですよ。
今ならどこよりも高く車下取りすることができるはずです!中古車だけど新品同様の金額で買ってもらうためにはどうすればいいのか、プロが教えるテクニックをぜひご覧ください!


新着情報
2015/01/04 Recommendを更新しました。
2014/12/31 新着記事を更新しました。
2014/12/30 ケチ精神の燃費向上を更新しました。
2014/12/27 新鮮な驚きを更新しました。
2014/12/25 低迷の時代を更新しました。
2014/12/23 モノの記号性を更新しました。
2014/12/22 戦後著しく成長した車社会。同時に車買取も進化を遂げていくを更新しました。
2014/12/19 ホームページをリニューアルしました。

オススメサイト
Gulliverくるぷら株式会社ティーバイティーガレージ
全国展開で膨大な情報から最高値を把握し、独自のネットワークでお客様の車を高価買取、売却を実現します。日本自動車買取有限責任事業組合が運営する車一括査定のサイト。大手企業が共同で運営しているので安心。無料出張鑑定、査定、買取のティーバイティーガレージのサイトです。